かふぇじゃなくて「喫茶」

喫茶店 温泉 ねこ のことを書いてます。

世田谷区用賀:珈琲専門店「ぽえむ」

世田谷区用賀の「ぽえむ」です。
東急田園都市線用賀駅から徒歩5〜7分くらい。
閑静な住宅街に、珈琲専門店「ぽえむ」用賀店はあります。

用賀:ポエム 外観 写真

用賀:ポエム 外観


幼少の頃、地元に「ぽえむ」があり、よく親に連れられて行っていました。
思えば、この頃から「喫茶店」の空間・雰囲気がからだや心に残っていて、大人になった今も「喫茶店」へ通い続ける動機となっているのではないかと思っています。

現在の行動範囲である「用賀」にも、この「ぽえむ」があります。
「ぽえむ」は昭和41年創業。(用賀店は不明)

コーヒー専門店ぽえむは、オリジナルのコーヒーフィルター を用いてご注文の都度、一杯一杯まごころをこめて調製し新鮮な香りと豊かな 風味のコーヒーを味わっていただくお店です。 (ぽえむ、ホームページより)

「ぽえむ」おなじみのデザイン。
ダークブラウンの店内に黄色のロゴマーク。
いっぱつで「あのぽえむだな」と認識できます。

用賀:珈琲専門店ぽえむ ロゴと店内 画像

用賀:珈琲専門店ぽえむ ロゴと店内

 

今日はマンデリンとジャーマンクラシック。
ジャーマンクラシックは、クルミ、クランベリー、アーモンドマカデミアナッツ、クリームチーズなどで焼き上げたドイツ系のケーキ。
ごろごろとした食感と、甘酸っぱさがちょっとおなかの空いた時間には丁度いい!

マンデリンとジャーマンクラシック 画像

マンデリンとジャーマンクラシック

店内はJazz。お客さんはあまりいません。
たまに常連のお客さんを見かけたりしますが、今日はまだいませんね。
窓際にすわって、外の様子を見ながら時間を過ごします。

ぽえむの窓から見た外には鳩 の画像

ぽえむの窓から見た外には鳩。

鳩が、集まっています。
いつも、マスターがなにかエサをあげてるらしい。
なにか鳩にしゃべりかけてます。

ダークなブランの店内で、マスターと2人だけ。
昼下がり。

用賀:珈琲専門店ぽえむ 店内 写真

用賀:珈琲専門店ぽえむ 店内

幼少の頃連れられていったぽえむでは、まだコーヒーが飲むことができず、ジュースやケーキを注文していたと思います。
ただ、テーブルの上にある「ブラウンシュガー」はとても魅力的で、いくつか取り出して、飴のようになめてた記憶があります。
そんな、ブランシュガーもいまでは珍しくなりました。

ぽえむのカウンターは山小屋風? な画像

ぽえむのカウンターは山小屋風?

用賀:ぽえむ 入口付近

用賀:ぽえむ 入口付近

入口付近には、新聞/週刊誌などがありますので、時間の過ごし方も昔ながらの過ごし方ができます。

 

用賀の住宅街。隣はお風呂屋さん。
お風呂上がりに、冷たいアイスコーヒーなんでいう流れもいいですね。
いつもでも、元気に営業してもらいたいです。

ぽえむ 看板 画像

ぽえむ 看板

www.nikkahan.co.jp

ぽえむオフィシャルサイト

ぽえむ加盟店や、オリジナルフィルターの情報が掲載されてます。
70年代の「コーヒー販売共同機構」に掲載されたコラム「ぽえむコラム」も楽しめます。

 

珈琲専門店ぽえむ
東京都世田谷区用賀4-31-2
電話番号:03-3709-4177
営業時間(無休)
[月~金]11:00~18:00
[土・日]13:00~18:00

喫煙OK!